2013.12.25
2013 志磨参兄弟

2013 志磨参兄弟

IMG_4611

皆様 年の瀬になりましたね。アグラです。

ひっそりと総括します。

2012年の暮れに、亜児とサンチェが脱退しました。

正直このまま続けられるかという不安と

何度でもやりなおせる自信と

入り交じる気持ちで臨んだ2013年でした。

ただ新規加入したdrのタダシは昔からの周知の仲で

ノリやイメージの共有はすぐに出来ましたね。

しかももっと実は!!な話が。

彼は僕らの2005年のアルバム「運試し」で

ユビキリ拳万という曲のドラムを叩いてるんですよね

成る可くしての志磨への加入だったのではないでしょうか?

saxのayumuの加入は、僕らに年上としての緊張感と

音楽に対する金銭観(w)を与えてくれました→結構大事なんです。

saxが二管になった事で、ファンクらしさが有る楽曲もより良くなったと思います。

何よりこの1年で磨かれたのは

「意識」でしょう。

志磨参兄弟がお世話になっている事務所のBOSSに

何度も「ださい」「見栄えが悪い」「田舎臭い」といわれては

試行錯誤を繰り返しました。

照明、動き、喋り方、間の取り方、衣装

全てうちのBOSSからの言葉で変わりました。

これは自分達でライブ映像を見ても思います。ほんとに変わった。

そこの「意識」の差がプロかアマチュアかを決めると言う事も理解したしね。

餓鬼レンジャーと一緒にバンドやらせてもらったのも大きかったな

ぽちゃさん、よしさん、のぶさんホンマおおきにです。

そんな場所を作ってくれたBOSSにも感謝してます。いつも有り難うございます。

ただ俺個人はどうだったかな。やりきれない1年だったかな?

リーダーとして、もっとちゃんとメンバーに気配りが出来たはずだし

もっと曲も作れた

自分に「意識」を問いかける暇もなく

宛も無く流れてしまった時間もあった

何より自分から音楽が乖離して行くような感覚を

押さえるに必死だったような

その中で気付いた音楽の大切さや自分の愛する物への執着心

その深さにも驚いた年でもあったかな

何より来年は、裏方ではなく表の活動をしっかりやりたいです

その為のエンジンは自分で作らないとね

何が言いたいかっていうと

俺本当音楽が好きなんスよ

志磨参兄弟とそれを愛してくださるお客さんと

ただ一緒にそこに居たいし、その場所をもっと作りたい

甘えは捨てて、もっとみんなに出会いたいです

来年更なる飛躍と実を一緒に体感しましょう

最後になりましたが今年も多くのオーガナイザー様、イベンター様に

ライブハウスのスタッフ、メディア関係の皆様

お世話になりました。この場を借りてご挨拶させてください。

有り難うございます。

来年もよろしくと言う事で。

来年は何がしてーかなー。とりあえず年末まで考えときますw

ほなまた!

アグラ